タグ:医療施設 ( 27 ) タグの人気記事

2018年 04月 28日
旧南湖院・第一病舎
竣工:1899年(明治32年)5月
場所:神奈川県茅ヶ崎市南湖7丁目12869
設計:
b0199449_16211120.jpg


当時は東洋一のサナトリウム(結核療養施設)と呼ばれた場所です。
戦後は旧海軍に接収され、米軍施設キャンプ場となっていたようです。」
現在は老人ホームである「太陽の郷」の敷地内にあります。

More

by takuan21a | 2018-04-28 21:00 | 神奈川県 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 25日
外気舎記念館
竣工:
場所:東京都清瀬市竹丘3丁目 国立病院機構東京病院敷地内
b0199449_1641870.jpg


国立病院機構東京病院の敷地内にある外気舎記念館は
結核の回復期にある患者を2人1組みにして大気療養や軽作業を行ない、
体力の回復を図る為に使用した病棟(外気舎)です。
このような病棟は72棟あったそうですが、現在残されているのはこの1棟のみです。

現在の国立病院機構東京病院の場所は1939年(昭和14年)に建てられた
傷痍軍人東京療養所の跡地です。

More

by takuan21a | 2018-04-25 21:00 | 東京都 多摩地区 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 01日
中成堂歯科医院
竣工:1913年(大正2年)
場所:埼玉県川越市幸町13-5
設計:
b0199449_804685.jpg


中成堂歯科医院のあゆみ

More

by takuan21a | 2018-04-01 21:00 | 埼玉県 川越市 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 23日
旧船津眼科医院
竣工:
場所:埼玉県川口市鳩ヶ谷本町3-2
設計:
b0199449_13302421.jpg


More

by takuan21a | 2018-03-23 21:00 | 埼玉県 川口市・草加市・越谷市 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 18日
山本眼科医院
竣工:
場所:神奈川県小田原市本町2-3−22
設計:
b0199449_9174320.jpg


More

by takuan21a | 2018-02-18 21:00 | 神奈川県 小田原市 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 19日
西原小児科医院
竣工:
場所:埼玉県さいたま市大宮区仲町2-52
設計:
b0199449_9403222.jpg


大宮駅の東口、商店街を通り抜けまっすぐ進むと見えてくる可愛らしい洋風建築の病院です

More

by takuan21a | 2017-12-19 21:00 | 埼玉県 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 02日
旧影澤医院
竣工:1911年(明治44年)頃
場所:栃木県佐野市金屋仲町2472
設計:
b0199449_13423797.jpg


More

by takuan21a | 2017-10-02 21:00 | 栃木県 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 21日
土肥歯科医院
竣工:不明
場所:埼玉県飯能市仲町6−21
b0199449_5425961.jpg


More

by takuan21a | 2017-07-21 21:00 | 埼玉県 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 15日
旧梅田診療所
竣工:1929年(昭和4年)
場所:東京都立川市高松3-10-1
b0199449_1248343.jpg


既に解体されています

立川の洋館(近代建築)/旧梅田診療所緊急調査

More

by takuan21a | 2016-12-15 00:01 | 東京都 多摩地区 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 09日
いせさき明治館(黒羽根内科医院旧館)
竣工:1912年(明治45年)
場所:群馬県伊勢崎市曲輪町31-4
b0199449_19564698.jpg


伊勢崎市指定重要文化財
黒羽根内科医院旧館(旧今村医院)


 この建物は、棟札によれば、施主を今村信四郎、設計者は阿部石松、棟梁、副棟梁は伊勢崎町の藤丸兼吉、相崎倉吉と記し、明治45年7月に上棟した。1階は診察・施療、2階を生活空間とする、5間4方の小さな建物である。玄関を中心に左右対称とし、2階にバルコニーを設けるなど洋風建築のデザインが随所に生かされている。県内で現存する最も古い洋風医院建築で、内部は1階が洋風、2階は平書院・床の間を備えた和風となっている。構造は在来の軸組工法を継承しつつも洋風建築の工法が用いられている。
 昭和19年、当初に伊勢崎保健所が開設され、戦後は黒羽根氏の所有となり、再び診療所として使用された。もとは本町通りに北面していたが、平成14年黒羽根氏から寄贈をうけ、現在位置に曳き移転された。

※現地案内板より

いせさき明治館

More

by takuan21a | 2016-04-09 00:01 | 群馬県 館林市・伊勢崎市 | Trackback | Comments(0)