タグ:養蚕・絹・織物 ( 34 ) タグの人気記事

2016年 12月 21日
日本機械工業株式会社・社屋
竣工:1943年(昭和18年)頃?
場所:東京都八王子市中野上町2-31-1
b0199449_0443354.jpg


More

by takuan21a | 2016-12-21 00:01 | 東京都 多摩地区 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 15日
旧群馬県蚕業取締所境支所
竣工:1927年(昭和2年)
場所:群馬県伊勢崎市境672
b0199449_11217100.jpg


ヨーロッパで大流行した蚕の伝染病である「微粒子病」を研究する為に建てられた施設です。

More

by takuan21a | 2016-04-15 00:01 | 群馬県 館林市・伊勢崎市 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 06日
富士重工(株)旧伊勢崎製作所第二工場のレンガ壁
竣工:1912年(明治45年)
場所:群馬県伊勢崎市

b0199449_844117.jpg


 富士重工業株式会社 旧伊勢崎製作所第二工場は1912年(明治45年)に旧上毛撚糸の紡績工場として建設されたレンガ造り鋸屋根構造の建物です。1943年に富士重工の前身「中島飛行機」に売却され、戦後は富士重工の生産工場としてバス、コンテナハウスの生産に活用されました。
 昭和30年代初め、日本のモータリゼーションの先駆けとして世界的に評価された軽自動車「スバル360」を最初に生み出した工場でもあります。
 このレンガ壁は、第二工場の東側の側面で、竣工当初の状態が良く保たれているため、「スバル360誕生の地」のモニュメントとして、また明治から大正期にかけての工場建築の象徴となる歴史的建造物として2003年(平成15年)5月、この地に移築保存されました。

※現地案内板より

More

by takuan21a | 2016-04-06 00:01 | 群馬県 館林市・伊勢崎市 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 25日
伊勢崎メモリードホール(旧上毛撚糸工場)
竣工:1934年(昭和9年)
場所:群馬県伊勢崎市太田町545-3
b0199449_19442166.jpg


上毛撚糸工場だった時のレンガを一部そのまま保存されています

More

by takuan21a | 2016-03-25 00:01 | 群馬県 館林市・伊勢崎市 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 22日
旧蚕糸試験場日野桑園第一蚕室(桑ハウス)
竣工:1932年(昭和7年)
場所:東京都日野市日野本町6-1-3

b0199449_1742288.jpg


明治以降、日本の養蚕業は発達していきましたが品質管理や研究の為に杉並区高円寺に明治45年、「原蚕種製造所」が造られました。その製造所に桑を供給する為につくられたのがこの日野の桑園です。
現在残されている建物はこの第一蚕室だけですが、当時は多くの建物も建てられていたようです。

More

by takuan21a | 2016-01-22 00:01 | 東京都 多摩地区 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 19日
杉並区立蚕糸の森公園
竣工:1911年(明治44年)?
場所:東京都杉並区和田3-55−49
b0199449_11282713.jpg


 この公園は農林水産省の蚕糸試験場の跡地につくられた公園「杉並区立蚕糸の森公園」です。
 蚕糸試験場が、昭和55年に筑波研究学園年に移転したあと、昭和61年その跡地に防災機能をそなえた、公園、小学校、災害備蓄倉庫などが建設されました。
 蚕糸試験場は、明治44年に設置され、蚕糸科学技術の研究を進め、世界の先端を行く蚕糸(絹糸、養蚕など)技術を開発しました。この業績は蚕糸業ばかりでなく、我が国の近代化と経済の発展に大きく貢献し、昭和55年に筑波に移転するまでの70年にわたってこの地で、地域の人々に親しまれてきました。この公園はそうした歴史性を保存するための配慮がなされています。
 青梅街道に面した旧正門や旧守衛所を、公園の主要入口や公園管理事務所として修復・保存するとともに、この一帯には記念碑の設置や桑の木の栽培をするなど、蚕糸試験場の面影を残しています。

※現地案内板より

More

by takuan21a | 2016-01-19 00:01 | 東京都 中野区・杉並区 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 02日
富岡倉庫
竣工:
場所:群馬県富岡市1450
b0199449_20502387.jpg


上信電鉄上州富岡駅前にある乾繭倉庫跡。
1号倉庫、2号倉庫、3号倉庫とあり、乾燥場まで残されています。
1号倉庫はレンガ、2号倉庫は大谷石、3号倉庫は土蔵とそれぞれ造りが違っており
それぞれ建築年代も違います。

上の写真で右側が乾燥場、正面奥のレンガ造りが1号倉庫、その隣の大谷石が2号倉庫、
そして左側が3号倉庫です。

現在は「おかって市場」として使われています。

More

by takuan21a | 2014-07-02 00:01 | 群馬県 甘楽郡・富岡市 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 26日
旧新井製糸所煉瓦蔵・漆喰蔵・事務室
場所:栃木県下都賀郡野木町野渡328-1

b0199449_8384856.jpg

左から煉瓦蔵、漆喰蔵、事務室となっており全て登録有形文化財となっています。

More

by takuan21a | 2013-07-26 00:01 | 栃木県 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 12日
前橋市蚕糸記念館
竣工:1912年(明治45年)
場所:前橋市敷島町262
b0199449_182612100.jpg

旧国立原蚕種製造所前橋支所本館。

More

by takuan21a | 2013-06-12 00:01 | 群馬県 前橋市・高崎市 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 13日
甘楽町小幡の町並み
竣工:
場所:群馬県甘楽郡甘楽町小幡
b0199449_17402199.jpg


小幡町は古くは織田信長の二男、織田信雄が造り上げた城下町であり明治時代は養蚕で栄えた町です。
雄川堰沿いには明治時代の面影がまだ残っています。

こちらでも紹介しています↓
甘楽町小幡地区を歩く

More

by takuan21a | 2013-05-13 00:01 | 群馬県 甘楽郡・富岡市 | Trackback | Comments(0)