タグ:洋風建築(木造) ( 95 ) タグの人気記事

2016年 12月 30日
雑司が谷旧宣教師館
竣工:1907年(明治40年)
場所:東京都豊島区雑司が谷1-25-5
b0199449_214631100.jpg


東京都指定有形文化財。
旧マッケーレブ邸

雑司が谷旧宣教師館

More

by takuan21a | 2016-12-30 00:01 | 東京都 豊島区・文京区 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 25日
友部町立歴史民俗資料館(旧宍戸町役場庁舎)
竣工:1937年(昭和12年)
場所:茨城県笠間市平町29
b0199449_725484.jpg


More

by takuan21a | 2016-10-25 00:01 | 茨城県 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 04日
旧群馬県衛生所 (桐生明治館)
竣工:1878年(明治11年)
場所:群馬県桐生市相老町2-414-6



More

by takuan21a | 2016-09-04 00:01 | 群馬県 桐生市・沼田市 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 12日
旧ハッサム住宅
竣工:1902年(明治35年)
場所:兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1相楽園内
設計:Alex.N.ハンセル
b0199449_9305286.jpg


イギリス人貿易商であるハッサム氏の邸宅として建てたもの。
北野町の異人館街から移築保存したものです。

More

by takuan21a | 2016-07-12 00:01 | 兵庫県 神戸市 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 03日
旧ハンター住宅
竣工:1907年(明治40年)頃
場所:兵庫県神戸市灘区王子町3-1 王子動物園内
b0199449_22532923.jpg


 この建物は、明治22年頃に建築されたものと思われますが、明治40年頃に英国人貿易商のE・H・ハンター氏が買い取り中央区北の町3丁目の高台に写し改築しました。
 木骨レンガ造、2階建一部塔屋付、寄棟スレート葺、南面及び東面にベランダが設けされています。ベランダは最初は開放式でしたが日本の風土に適さないため窓が作られ、美しい幾何学模様を織りなしています。
 1階には玄関ホール、書斎、食堂、応接室などがあり、大理石のマントルピースやブロンズのシャンデリアなど当時の豪華な面影をしのばせており、階段の踊り場には花模様のステンドグラスが嵌められています。
 現在地には昭和39年3月に移築されました。

※現地案内板より

More

by takuan21a | 2016-07-03 00:01 | 兵庫県 神戸市 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 27日
大正湯
竣工:1928年(昭和3年)
場所:北海道函館市弥生町14-9
b0199449_23214032.jpg


函館市景観形成指定建築物

 船見坂を上ると,左手角地にある建物で,木造の大壁の下見板張り,縦長窓,持ち送りのついた軒天井,胴蛇腹など洋風建築の外観を持つ銭湯です。特に間口と高さの均整がとれており,ペディメントをもった屋根などが一体となった,左右対称の正面の姿には美しさが感じられます。
 左側にある附属棟は,床屋として当初から建てられていたものです。

景観形成指定建築物等一覧より

More

by takuan21a | 2016-04-27 00:01 | 北海道 函館市・北斗市 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 18日
プレイリー・ハウス(旧佐田邸)
竣工:1928年(昭和3年)
場所:北海道函館市元町32-10
設計:田上義也
b0199449_23393228.jpg


喫茶として使おうと立ち寄ったのですが(現在は喫茶・日和茶房として営業中)、
建物の外観が水平と垂直のラインで一見してライト風の建物に見えていました。
調べてみると案の定その通りで、設計した田上義也氏はフランク・ロイド・ライトの弟子です。
ライト風の建物だと大谷石が定番だと思いますが、こちらの建物ではレンガが使用されています。

More

by takuan21a | 2016-04-18 00:01 | 北海道 函館市・北斗市 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 09日
いせさき明治館(黒羽根内科医院旧館)
竣工:1912年(明治45年)
場所:群馬県伊勢崎市曲輪町31-4
b0199449_19564698.jpg


伊勢崎市指定重要文化財
黒羽根内科医院旧館(旧今村医院)


 この建物は、棟札によれば、施主を今村信四郎、設計者は阿部石松、棟梁、副棟梁は伊勢崎町の藤丸兼吉、相崎倉吉と記し、明治45年7月に上棟した。1階は診察・施療、2階を生活空間とする、5間4方の小さな建物である。玄関を中心に左右対称とし、2階にバルコニーを設けるなど洋風建築のデザインが随所に生かされている。県内で現存する最も古い洋風医院建築で、内部は1階が洋風、2階は平書院・床の間を備えた和風となっている。構造は在来の軸組工法を継承しつつも洋風建築の工法が用いられている。
 昭和19年、当初に伊勢崎保健所が開設され、戦後は黒羽根氏の所有となり、再び診療所として使用された。もとは本町通りに北面していたが、平成14年黒羽根氏から寄贈をうけ、現在位置に曳き移転された。

※現地案内板より

いせさき明治館

More

by takuan21a | 2016-04-09 00:01 | 群馬県 館林市・伊勢崎市 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 13日
大宝館
竣工:1915年(大正4年)
場所:山形県鶴岡市馬場町4-7

b0199449_640581.jpg

鶴岡市指定文化財

大正天皇の即位を記念して創建されたもので、大正14年(1915年)10月に完成、11月10日即位の日に開館、物産陳列場、図書館等として使用された。
 「大寶館」の名称は易経の「天子の位を大寶という」によって名付けられた。
 建物はオランダバロック風を思わせる窓とルネッサンス風のドームをのせた様式で、赤尖塔屋根と白亜の殿堂として大正建築の優美さが内部を含めて完全に原型を留めていることから、昭和56年1月、市の有形文化財に指定された。
 現在は郷土資料展示施設として使用されている。

※現地案内板より

山形県鶴岡市観光連盟

More

by takuan21a | 2016-03-13 00:01 | 山形県 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 10日
旧西田川郡役所
竣工:1881年(明治14年)
場所:山形県鶴岡市家中新町10-18(致道博物館内)

b0199449_8203378.jpg


山形県鶴岡市観光連盟

More

by takuan21a | 2016-03-10 00:01 | 山形県 | Trackback | Comments(0)