<   2016年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2016年 04月 30日
函館市立弥生小学校
竣工:1938年(昭和13年)
場所:北海道函館市弥生町4-16

b0199449_23423620.jpg


景観形成指定建築物。

昭和9年(1934)年の大火後の復興都市計画の一環として耐火構造の小学校が6つ建てられましたが,その中では最後に建てられたものです。
 コの字型に校舎を建て,校舎に囲まれるように中央にグランドがあります。大火の際,住民の避難所となるよう意図されています。
 玄関口となっている2カ所の建物角部分を曲面で仕上げているほかは装飾性を排除した,さっぱりとした外観となっています。
 平成23年,校舎の老朽化の進行が著しいことから,復原・新築され,現在も「弥生小学校」として利用しております。

景観形成指定建築物等一覧より

More

by takuan21a | 2016-04-30 00:01 | 北海道 函館市・北斗市 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 27日
大正湯
竣工:1928年(昭和3年)
場所:北海道函館市弥生町14-9
b0199449_23214032.jpg


函館市景観形成指定建築物

 船見坂を上ると,左手角地にある建物で,木造の大壁の下見板張り,縦長窓,持ち送りのついた軒天井,胴蛇腹など洋風建築の外観を持つ銭湯です。特に間口と高さの均整がとれており,ペディメントをもった屋根などが一体となった,左右対称の正面の姿には美しさが感じられます。
 左側にある附属棟は,床屋として当初から建てられていたものです。

景観形成指定建築物等一覧より

More

by takuan21a | 2016-04-27 00:01 | 北海道 函館市・北斗市 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 24日
函館市臨海研究所
竣工:1926年(大正15年)
復元:2007年(平成19年)
場所:函館市大町13-1
b0199449_23525349.jpg


旧函館水上警察署。

More

by takuan21a | 2016-04-24 00:01 | 北海道 函館市・北斗市 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 21日
函館中華山荘
竣工:
場所:北海道函館市船見町

b0199449_23144859.jpg


 函館には、幕末から中国人が住み始めており、大半は海産物の貿易に携わっていた。この墓地は、明治9(1876)年に、青森県下に漂着した中国人の遺体を埋葬するために、開拓使から土地を借りたことに始まる。 当初の面積は、184坪(607㎡)しかなかったが、大正8(1919)年に隣接の土地を買収し、466坪(1、538㎡)となった。この時に、周りをレンガ塀で囲み、現在のような体裁となった。
 墓地内には、総檜造り瓦屋根の祠堂や「中華義塚」と彫られた石碑、炉跡のほかに、知られているだけでも9基の石碑と4基の木碑がある。
 この墓地は代々の華僑団体が管理を行っており、毎年、清明節(春分後15日日)と中元節(旧盆)には、祭祀が営まれ、紙銭を焚いて墓祭を行い、先人の冥福が祈られている。

※現地案内板より

More

by takuan21a | 2016-04-21 00:01 | 北海道 函館市・北斗市 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 18日
プレイリー・ハウス(旧佐田邸)
竣工:1928年(昭和3年)
場所:北海道函館市元町32-10
設計:田上義也
b0199449_23393228.jpg


喫茶として使おうと立ち寄ったのですが(現在は喫茶・日和茶房として営業中)、
建物の外観が水平と垂直のラインで一見してライト風の建物に見えていました。
調べてみると案の定その通りで、設計した田上義也氏はフランク・ロイド・ライトの弟子です。
ライト風の建物だと大谷石が定番だと思いますが、こちらの建物ではレンガが使用されています。

More

by takuan21a | 2016-04-18 00:01 | 北海道 函館市・北斗市 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 15日
旧群馬県蚕業取締所境支所
竣工:1927年(昭和2年)
場所:群馬県伊勢崎市境672
b0199449_11217100.jpg


ヨーロッパで大流行した蚕の伝染病である「微粒子病」を研究する為に建てられた施設です。

More

by takuan21a | 2016-04-15 00:01 | 群馬県 館林市・伊勢崎市 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 12日
境赤レンガ倉庫
竣工:1919年(大正8年)
場所:群馬県伊勢崎市境762-9
b0199449_20162014.jpg


繭の保管庫として建てられました。
2011年の東日本大震災で当初の瓦葺きを鋼板平葺きに修復したようです。

More

by takuan21a | 2016-04-12 00:01 | 群馬県 館林市・伊勢崎市 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 09日
いせさき明治館(黒羽根内科医院旧館)
竣工:1912年(明治45年)
場所:群馬県伊勢崎市曲輪町31-4
b0199449_19564698.jpg


伊勢崎市指定重要文化財
黒羽根内科医院旧館(旧今村医院)


 この建物は、棟札によれば、施主を今村信四郎、設計者は阿部石松、棟梁、副棟梁は伊勢崎町の藤丸兼吉、相崎倉吉と記し、明治45年7月に上棟した。1階は診察・施療、2階を生活空間とする、5間4方の小さな建物である。玄関を中心に左右対称とし、2階にバルコニーを設けるなど洋風建築のデザインが随所に生かされている。県内で現存する最も古い洋風医院建築で、内部は1階が洋風、2階は平書院・床の間を備えた和風となっている。構造は在来の軸組工法を継承しつつも洋風建築の工法が用いられている。
 昭和19年、当初に伊勢崎保健所が開設され、戦後は黒羽根氏の所有となり、再び診療所として使用された。もとは本町通りに北面していたが、平成14年黒羽根氏から寄贈をうけ、現在位置に曳き移転された。

※現地案内板より

いせさき明治館

More

by takuan21a | 2016-04-09 00:01 | 群馬県 館林市・伊勢崎市 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 06日
富士重工(株)旧伊勢崎製作所第二工場のレンガ壁
竣工:1912年(明治45年)
場所:群馬県伊勢崎市

b0199449_844117.jpg


 富士重工業株式会社 旧伊勢崎製作所第二工場は1912年(明治45年)に旧上毛撚糸の紡績工場として建設されたレンガ造り鋸屋根構造の建物です。1943年に富士重工の前身「中島飛行機」に売却され、戦後は富士重工の生産工場としてバス、コンテナハウスの生産に活用されました。
 昭和30年代初め、日本のモータリゼーションの先駆けとして世界的に評価された軽自動車「スバル360」を最初に生み出した工場でもあります。
 このレンガ壁は、第二工場の東側の側面で、竣工当初の状態が良く保たれているため、「スバル360誕生の地」のモニュメントとして、また明治から大正期にかけての工場建築の象徴となる歴史的建造物として2003年(平成15年)5月、この地に移築保存されました。

※現地案内板より

More

by takuan21a | 2016-04-06 00:01 | 群馬県 館林市・伊勢崎市 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 03日
設楽医院跡・煉瓦塀
竣工:
場所:群馬県伊勢崎市
b0199449_23282911.jpg


More

by takuan21a | 2016-04-03 00:01 | 群馬県 館林市・伊勢崎市 | Trackback | Comments(0)