2017年 04月 13日
水越門樋
竣工:1904年(明治37年)
場所:埼玉県富士見市上南畑

b0199449_1231557.jpg



 この煉瓦製の樋門は、明治37年(1904)に水越排水に新河岸川からの逆流を防ぐために造られたものです。
 通水口の断面形はかまぼこ状のアーチ型、扉は水の流れに反応して開閉する観音開き構造となっています。煉瓦の積み方は、長面の段と短面の段を交互に積むイギリス積みと呼ばれるものですが、通水口上のアーチづくりには短面と縦に三段、上端部は短面を縦に一段積み、意匠性を出しています。表面に「水越門樋」、裏面に「明治三十七年二月」の銘板がつけられています。
 煉瓦製の樋門は、明治時代中頃~大正時代にかけて埼玉県内に数多く造られた、県を代表する近代化遺産です。富士見市内にも荒川と新河岸川沿いに七基以上造られましたが、現在は二基が残るだけとなっています。

※現地案内板より




b0199449_12312657.jpg

b0199449_12312921.jpg

b0199449_12313833.jpg


水越門樋
b0199449_12314983.jpg


明治三十七年三月成(案内板に書かれている説明とは違う)
b0199449_12315317.jpg


b0199449_1232076.jpg


案内板
b0199449_1232530.jpg


撮影日:2016年7月



by takuan21a | 2017-04-13 21:00 | 埼玉県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/26731049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 三軒家樋管      旧三河島汚水処分場喞筒場施設 >>