2016年 09月 07日
旧日本織物株式会社発電所跡及び煉瓦積遺構
竣工:明治20年代
場所:群馬県桐生市織姫町6−3
b0199449_1021930.jpg


現在の桐生厚生病院である敷地は明治20年に日本織物株式会社が設立された場所です。
日本織物株式会社は撚糸・染色・整理など、様式機械による一環した織物工場としては、全国的にみても画期的なものでありました。

この動力確保の為に水力発電所を建設。
水路を掘り、発電所と工場とつなぐトンネルの支えとして使われた煉瓦がここで紹介している煉瓦です。
この発電所は昭和22年の水害で決壊するまで使われていました。

旧日本織物株式会社発電所跡及び煉瓦積遺構



b0199449_10213786.jpg

b0199449_10214246.jpg

b0199449_10214635.jpg


桐生煉瓦製造会社の刻印
b0199449_10215665.jpg


残されているタービンは1924(大正13)年に取り替えられたドイツのフォイト社製のもの
b0199449_1022283.jpg



b0199449_1030185.jpg


当時の地図
b0199449_1022635.jpg



撮影日:2015年9月



by takuan21a | 2016-09-07 00:01 | 群馬県 桐生市・沼田市 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/26164793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 藤江医院・煉瓦塀      旧群馬県衛生所 (桐生明治館) >>