2016年 08月 05日
旧神戸居留地煉瓦造下水道
竣工:1872年(明治5年)頃
場所:兵庫県神戸市中央区浪花町15番地
b0199449_11471898.jpg


 神戸外国人居留地は、慶応3年12月7日(西暦1868年1月1日)の開港に際して設けられました。
 居留地の下水道は、神戸付近で焼かれたレンガを用いて、円形管と卵型管が南北道路に沿って6本1880mが敷設され、明治5年ごろに完成されたものです。
 近代下水道としては日本で一番古いもので、現在でもその一部が下水道の雨水幹線として使われています。

※現地案内板より

文化遺産オンライン
土木学会推奨土木遺産





b0199449_11475928.jpg

b0199449_1148036.jpg


b0199449_11533771.jpg

b0199449_11542866.jpg


撮影日:2015年8月

by takuan21a | 2016-08-05 00:01 | 兵庫県 神戸市 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/26040546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< チャータードビル(旧チャーター...      旧神戸居留地十五番館 >>