2016年 07月 09日
旧第一銀行神戸支店外壁
竣工:1908年(明治41年)
場所:兵庫県神戸市中央区栄町通4 みなと元町駅
設計:辰野金吾

b0199449_0355261.jpg


近畿の駅百選
旧大林組神戸支店外壁保存

 この赤レンガの外壁は、明治41年、わが国最初の建築家として知られる、辰野金吾博士の設計により建築された旧「第一銀行神戸支店」の外壁です。レンガの赤地が御影石の白で縁取られたコントラストの鮮やかなデザインは「辰野式」とも呼ばれ、赤レンガの東京駅とともに博士の円熟した時代を彷彿とさせる数少ない遺産です。
 建物は、昭和60年まで20年間大林組神戸支店として使われていました。平成7年1月17日の阪神淡路大震災で大きな被害を受け、全面取り壊しも検討されましたが、神戸市、まちづくり協議会、建物所有者の大林組が協議し、歴史的景観の保全を図る意図から南と西のニ面の外壁を残すとともに、平成13年7月に開業した地下鉄海岸線「みなと元町駅」の出入口として新たな機能を持つことで生まれかわりました。
 戦災・震災といった幾多の困難と足かけ2世紀にまたがる星霜を乗り越えた明治のレンガ壁が、新たな生命を得て"ミナト神戸"のシンボルの一つとしてこれからも生き続けて欲しいと思います。

※現地案内板より

こんな保存の方法は凄いですね。
潔い!




b0199449_0355549.jpg

b0199449_036565.jpg

b0199449_036765.jpg


b0199449_036957.jpg


b0199449_0361926.jpg

b0199449_037743.jpg


b0199449_0374561.jpg

b0199449_0374832.jpg


壁の裏側
b0199449_0381685.jpg

b0199449_0385598.jpg

b0199449_039854.jpg

b0199449_0391212.jpg


撮影日:2015年8月



by takuan21a | 2016-07-09 00:01 | 兵庫県 神戸市 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/25881622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧ハッサム住宅      神戸ハーバーランド煉瓦倉庫 >>