2016年 06月 30日
神戸文学館
竣工:1904年(明治37年)
場所:兵庫県神戸市灘区王子町3-1-2
b0199449_22204080.jpg


 明治22年に宣教師ランバスにより原田の森に創設された関西学院。その礼拝堂として同37年に建てられました。建設費を寄付した実業家の名を取り「ブランチ・メモリアル・チャペル」として学院生の信仰の拠り所となりました。昭和4年の学院の西宮移転後、戦災にもあいましたが戦後は神戸市が買収し長らく王子図書館として使われていました。平成5年、戦災で失われた鐘塔を復元するなどして市民ギャラリーとして親しまれてきましたが、平成18年に神戸ゆかりの文学作品や文学者の遺品その他の資料を展示する「神戸文学館」として生まれ変わりました。明治の洋風教会建築では、市内最古のものです。

※現地案内板より

景観形成重要建築物等




b0199449_22213250.jpg

b0199449_2222535.jpg

b0199449_22221174.jpg


b0199449_22225740.jpg

b0199449_22221816.jpg

b0199449_22222782.jpg



b0199449_2223996.jpg

b0199449_22231617.jpg


b0199449_22271631.jpg

b0199449_22233742.jpg

b0199449_22224580.jpg

b0199449_2229053.jpg


b0199449_2224734.jpg


b0199449_22313312.jpg


撮影日:2015年8月



by takuan21a | 2016-06-30 00:01 | 兵庫県 神戸市 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/25855697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧ハンター住宅      石川ビル(旧東京倉庫兵庫出張所) >>