2016年 06月 12日
煉瓦積みマンホール
竣工:1910年(明治43年)
場所:北海道函館市青柳町17-2 函館公園内
b0199449_1151589.jpg


 このマンホールは、明治43年に築造され、昭和57年10月まで72年間にわたり、函館市内で電話の地下ケーブルを収容する設備として使われてきたもので「変形三味線形」と呼ばれております。
 これは、明治43年、船場町に郵便局を新築する際、電話線の地下配線が必要となり豊川町から弁天町にかけて設置されたマンホール14個のうちの1個です。
 
※現地案内板より



b0199449_1151844.jpg

b0199449_1152123.jpg


b0199449_1152531.jpg


撮影日:2012年8月



by takuan21a | 2016-06-12 00:02 | 北海道 函館市・北斗市 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/25754200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 函館大手町ハウス(旧浅野セメン...      旧手宮鉄道施設 煉瓦橋台(色内... >>