2016年 05月 27日
旧手宮鉄道施設 擁壁
竣工:
場所:北海道小樽市
b0199449_22443694.jpg


 明治45(1912)年より使用が開始された、石炭船積みのための高架桟橋に至る線路の路盤を支えたレンガ積み(イギリス積み)の壁。高架桟橋は昭和19年(1944)に廃止されましたが、今でも当時の擁壁がおよそ85m残されており、石炭積出し港の小樽を象徴する遺構です。

※現地案内板より



b0199449_22445022.jpg

b0199449_22445546.jpg

b0199449_2245331.jpg


現地案内板
b0199449_22495325.jpg


現地案内板にあった当時の写真
b0199449_22453864.jpg


撮影日:2011年8月



by takuan21a | 2016-05-27 00:01 | 北海道 小樽市 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/25740690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧手宮鉄道施設 危険品庫      尼崎市寺町・煉瓦塀 >>