2016年 05月 15日
尼崎市役所開明庁舎(旧開明尋常小学校校舎)
竣工:1937年(昭和12年)
場所:兵庫県尼崎市開明町2-1-1

b0199449_17315151.jpg


 この建物は室戸台風の災害復興事業として1937年(昭和12)2月に開明尋常小学校校舎として竣工しました。校庭を囲むようにしてL字型に建つ建物は、整然と並ぶ窓の上部に校舎の端から端につながる庇が取り付けられ、水平性が強調された端正な趣を示しています。建物の南端と西端には意匠が異なる玄関が設けられていますが、特に南玄関から上階に上がる階段室は外部に半円形に張り出し、煙突のように天に突き出した柱とも相まって、まるで艦船の艦橋のようなダイナミックなイメージを受け、外観上の最大の特徴になっています。また1階の旧校長室には戦前の奉安庫が現存しています。

尼崎市ホームページより

開明尋常小学校校舎として建てられましたが現在は尼崎市役所開明庁舎として活用されています。




b0199449_17315637.jpg

b0199449_1732328.jpg

b0199449_17321440.jpg


撮影日;2015年8月



by takuan21a | 2016-05-15 00:01 | 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/25739571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧尼崎共立銀行本店      ユニチカ記念館 >>