2016年 04月 06日
富士重工(株)旧伊勢崎製作所第二工場のレンガ壁
竣工:1912年(明治45年)
場所:群馬県伊勢崎市

b0199449_844117.jpg


 富士重工業株式会社 旧伊勢崎製作所第二工場は1912年(明治45年)に旧上毛撚糸の紡績工場として建設されたレンガ造り鋸屋根構造の建物です。1943年に富士重工の前身「中島飛行機」に売却され、戦後は富士重工の生産工場としてバス、コンテナハウスの生産に活用されました。
 昭和30年代初め、日本のモータリゼーションの先駆けとして世界的に評価された軽自動車「スバル360」を最初に生み出した工場でもあります。
 このレンガ壁は、第二工場の東側の側面で、竣工当初の状態が良く保たれているため、「スバル360誕生の地」のモニュメントとして、また明治から大正期にかけての工場建築の象徴となる歴史的建造物として2003年(平成15年)5月、この地に移築保存されました。

※現地案内板より




b0199449_85157.jpg

b0199449_85591.jpg


b0199449_851662.jpg


刻印は見つけられませんでした
b0199449_852636.jpg


保存されているのは本当に壁のみです
b0199449_852331.jpg


撮影日:2015年7月



by takuan21a | 2016-04-06 00:01 | 群馬県 館林市・伊勢崎市 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/25578577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< いせさき明治館(黒羽根内科医院旧館)      設楽医院跡・煉瓦塀 >>