2016年 11月 21日
二ヶ領用水久地円筒分水
竣工:1941年(昭和16年)
場所:神奈川県川崎市高津区久地
設計:平賀栄治

b0199449_0135118.jpg


 この円筒分水工と呼ばれる分水装置は、送水されてくる流量が変わっても分水比が変わらない定比分水装置の一種で昭和16(1941)年に造られました。内側の円形の構造物は整水壁とも呼ばれ、一方向から送水されて吹き上げる水を放射状に均等にあふれさせ、送水されてくる流量が変わっても、円弧の長さに比例して一定の比率で分水される、当時の最先端をいく装置でした。平成10(1998)年6月9日に、国登録有形文化財となっています。

※現地案内板より



b0199449_014453.jpg

b0199449_0141262.jpg

b0199449_0141560.jpg

b0199449_0143162.jpg


b0199449_0143919.jpg

b0199449_0144311.jpg


b0199449_0245040.jpg


b0199449_026498.jpg

b0199449_0243031.jpg

b0199449_0144878.jpg


撮影日:2015年3月



by takuan21a | 2016-11-21 00:01 | 神奈川県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/25305557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 京急大師線・煉瓦擁壁      関東学院中学校旧本館 >>