2015年 01月 03日
名越送水管路ずい道
竣工:
場所:神奈川県鎌倉市
b0199449_23292517.jpg


明治の終わりの日露戦争後、横須賀の海軍施設拡張に伴い走水水源地からだけの水供給だけでは不足し
相模川支流の中津川(愛川村半原)から水を引く事を計画しました。

このずい道はその当時、海軍が水を引くために掘ったものであり、
現在はこの上を走る道を横須賀水道みちと呼ばれています。



b0199449_23292950.jpg

b0199449_23293640.jpg

b0199449_23293292.jpg


b0199449_23301349.jpg


この水道みちには海軍を示すものが現在も残されています。

海軍の敷地を意味する海軍の境界石
b0199449_645983.jpg

b0199449_645127.jpg


水道路
b0199449_6451587.jpg


錨のマークの入った安全弁
b0199449_6462552.jpg


撮影日:2013年7月



by takuan21a | 2015-01-03 00:01 | 神奈川県 鎌倉市 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/23882955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 横須賀市水道局走水水源地煉瓦造貯水池      名越隧道 >>