2014年 12月 11日
福建会館(正門・天后堂)
竣工:1897年(明治30年)
場所:長崎県長崎市館内町3-1

b0199449_1205129.jpg


長崎市指定有形文化財。

福建会館の前身は江戸後期に遡るが、明治元年(1868)『八閩(はちびん)会館』として正式に発足した。
その後、明治30年(1897)に至り建物を全面的に改築し、福建会館と改称した。
会館本館(会議所)の建物は原爆により倒壊したため、現存するのは正門と天后堂などである。
正門は、三間三戸の薬医門(やくいもん)形式で、中国風の要素も若干含んでいるが、組物(くみもの)の形式や軒反りの様子、絵様(えよう)の細部など、主要部は和様の造りとなっている。これに対し、外壁煉瓦造の天后堂は架構法(かこうほう)なども純正な中国式を基調とし、一部木鼻(きばな)や欄間(らんま)は、和様に従っている。
このように、様式的には和・中の併存であり、中国との交流の歴史が凝縮された建造物であるといえる。

※現地案内板より



b0199449_121421.jpg

b0199449_1213411.jpg


b0199449_1212874.jpg

b0199449_1212522.jpg


b0199449_1223766.jpg

b0199449_1224281.jpg

b0199449_1224617.jpg


b0199449_123147.jpg

b0199449_1225339.jpg

b0199449_123627.jpg


撮影日:2013年8月



by takuan21a | 2014-12-11 00:01 | 長崎県 長崎市 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/23833480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧唐人屋敷内・土神堂      聖福寺惜字亭 >>