2014年 10月 02日
小菅修船場跡
竣工:1868年(明治元年)
場所:長崎県長崎市小菅町
b0199449_0413851.jpg

国指定史跡。

薩摩藩士五代才助が小松帯刀と英国人のグラバーの協力を得て建設した日本初の洋式スリップ・ドック。
1869年(明治2年)3月には日本政府が買収、官営長崎製鉄所の所管となり、後に三菱造船所となりました。
捲き上げ小屋は日本初のレンガ造りの建物です。



b0199449_0455965.jpg


b0199449_0414823.jpg

b0199449_0415221.jpg


刻印
b0199449_0415952.jpg


フランス積み
b0199449_042996.jpg

使われているレンガはこんにゃくレンガと呼ばれ薄い造りになっています

b0199449_0425431.jpg

b0199449_0425354.jpg


通称ソロバンドックと呼ばれる理由はこのレールがソロバンに見えた為
b0199449_046695.jpg

b0199449_046930.jpg


b0199449_101210.jpg


撮影日:2013年8月



by takuan21a | 2014-10-02 00:01 | 長崎県 長崎市 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/23253754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 馬込教会      JR大村駅(長崎県) >>