2014年 09月 22日
山田教会
竣工:1911年(明治44年)
場所:長崎県平戸市生月町山田免442
設計:鉄川与助
b0199449_1726929.jpg


古い写真を見ると外観が全く違います。
近年になって改装したのかもしれません。

この教会の特徴は何と言っても内部の装飾です。
キラキラ光っているのは螺鈿かなぁ~と思っていましたが、蝶の羽を使っているとの事。
物凄い数の蝶の羽を使っていると思われます。




b0199449_1726495.jpg

b0199449_17261387.jpg

b0199449_17261648.jpg


b0199449_17261984.jpg


山田教会のある生月島は「カクレキリシタン」が多かった島として知られています。
学術的には禁教令の江戸時代に隠れて信仰を守っていた人達を「潜伏キリシタン」と呼び、
明治になって禁教令が解かれた後にカトリックに戻らず秘密に独自の信仰を守ってきた人達を
「カクレキリシタン」と呼ぶようです。

撮影日:2013年8月



by takuan21a | 2014-09-22 00:01 | 長崎県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/23251011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 三浦町教会      カトリック紐差教会 >>