2012年 07月 28日
名古屋市市政資料館(外観)
竣工:1922年(大正11年)
場所:名古屋市東区白壁1-3
b0199449_22502477.jpg


旧名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所庁舎。

外壁の赤いレンガと白の花崗岩、ドーム・上屋の緑の銅板、そして屋根のスレートの黒を組み合わせた荘重で華やかなネオ・バロック様式の外観は、名古屋の近代化の歩みを今に伝える歴史的遺産の宝庫「文化のみち」の一角にあって、都心を間近にしながら落ち着いた安らぎの景観を醸しだしています。
※パンフレットより抜粋

全国に8つ建設された控訴院のうち、 現存するのは名古屋と札幌だけです。




b0199449_22504575.jpg

b0199449_22505783.jpg

b0199449_22505327.jpg

b0199449_2251944.jpg

b0199449_2323169.jpg

b0199449_22512332.jpg

b0199449_22513025.jpg

b0199449_22513924.jpg

b0199449_22514178.jpg

b0199449_22514432.jpg

b0199449_233427.jpg

b0199449_2333965.jpg

裁判所であった頃の名残で目の前には法律事務所が今でも並んでいます。
b0199449_234388.jpg


撮影日:2012年5月



by takuan21a | 2012-07-28 00:01 | 愛知県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takuan21a.exblog.jp/tb/18574968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 名古屋市市政資料館(内観)      旧三井名古屋製糸場 >>